老人ホームで働く人の腰痛の悩みから介護方法を変更

老人ホームで働く人の多くは、腰痛に悩まされています。

一日の内でも、入所者を移乗させたり寝かせたりする動作は、何十回と繰り返すため、従事者にとって腰痛はある種の職業病というあきらめもありながらも、従事しているのが現状です。



しかし、これまでの老人ホームの介護では抱えることが当たり前の介護や介助だったのですが、近年では、抱えずに工夫して介護や介助が出来る方法を模索しています。
たとえば、ベットにすべりの良い素材のシーツを敷きこんで、入所者を移動させやすくするのもその一つです。
抱え込むという動作は、従事者が腰痛になりやすい動作でもあるのですが、入所者にとっても抱えられる動作は全身の緊張が起こってしまいこわばってしまう傾向になるのが近年分かりかけてきました。

よく利用されている老人ホームの見学の情報を手に入れてみませんか?

そのため、入所者にとっても従事者の腰痛の悩みに関する対策は、プラスになることが分かってきたのです。

NAVERまとめを初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

老人ホームでは、こうした抱えない介助や介護を行うことで、従事者の腰痛を軽減したり予防をしたり出来ることが期待できるだけではなく、入所者にも体の緊張感を無くすという双方のメリットがあることに注目をされるようになり、従来のやり方とは違った方法を模索している時期に来ています。

こういったやり方で、従事者の腰痛の負担が軽減できるようになれば、同じ老人ホームで継続して働けるような従事者が増えていくのではないでしょうか。


なかなか長続きが出来ない職場である問題も、手立ての一つとして有益だといえます。